2018年4月 1日 (日)

レスポールタイプ(マホガニー単板1枚板)(2008年?)

もう手に入らない材のホンジュラスマハガニーの単板一枚板を使った、レスポール型のエレキです。しかも厚さが7cmもある一枚板を削り出して作って有ります。削って薄くして、しまうのがもったいないので、裏も少し削ってラウンドさせて、横を薄くみせています。厚いから音のデットポイントがなく,バランスよく音が出ます。すばらしい””材ですから、少し使い込めば、それは素晴らしい音が出て来るでしょう。パーツはイチイの木で、作ってあります。色はタマネギの皮の草木染めですから、長年使ってる程、味がついてしっとりした、見てくれになっていきます。値段は板がべらぼうに高価なので、100万円になりますが。これでも採算が取れないのです。でも買いたい人にはえらい出費ですよネーー。ごめんなさい””
(2008年?)
Akino0012Akino0006

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

フルアコ(ホンジュラスマホガニーくり抜き胴+スプルース単板1枚板+シダー単板1枚板)(2010年頃?)

ホンジュラスマホガニーの単板一枚板のくり抜き胴。ホンジュラスマホの65mm厚物使用。表版はスプルース単板一枚板の極厚ものを貼り、削り出しラウンドにしてあります。裏はシダー単板一枚板です。パーツは無論、木製手造りです。塗りは染め上げ、完全ラッカーです。このタイプは普通60万円くらいで、さらに最上級クラスだと100万円くらい、かかりますが、PUやネック材など。いろいろ工夫して、コストを下げてつくりまた。音は抜群です、コストは下げても音は下げてありませんから、ご安心下さい。39万円です。
(2010年頃?)
Honnyasu0005

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

フルアコ(テレキャスタータイプ、メイプルくり抜き胴)(2014年)

テレキャスターフルアコです。メイプル単板一枚板をくりぬいて胴を作ってあります、したがって胴を一回りしても、どこにも繋ぎ目がありません。普通フルアコはサイドは板を曲げて作りますから、真ん中の上と、おしりのところに繋ぎ目が出ますが、これはそれがないんです。表はスプルス単板一枚板、裏はシダー単板一枚板と言う贅沢品です。パーツはすべてケヤキ単版で作ってあります、柔らかく,深い、澄んだ音がバンバン出てきます
(2014年)
2014522

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

クラシックギター(スプルース+マホガニー)(2013年)

クラシックギターです。なんの変哲もなく、そっけない見てくれですが、材は超一流です。表はスプルースの単板一枚板、裏はマホガニイの単板、側はマホガニイの単板一枚板です。無論塗りはラッカーしか、使わない完全パーフェクトラッカーです。少しの期間使っていただければ、ぐんぐん音は良くなっていきます。25万円
(2013年)
003

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

フルアコベース(PJタイプ)(2009年?)

セン(J,アッシュ)の単板一枚板のフルアコ型PJです。もともと作りおきで24万円で、店にありましたが、あまりにも重いのであまり人気はありませんでした。
そこで中を掘割って表にスプルスの単板一枚板を貼って完全に中が空洞のPJフルアコベースに改造しました。重さも程よくなり、音も抜群に良くなりました。コ ントラバスのような柔らかい、ほんとに丸い音が出ます。普通このタイプはくり抜きで作りますが値段がすごく高くなる欠点がありますが、同品は大サービス で、元の値段に改造費として1万円だけいただいて25万円です。
ジャズやフォーク、ブルースっぽい音楽にすごく合うとおもいますし、弦バスの音が好きな人などには、よいと思います。
(2009年?)
Furub0003Furub0004

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

エレアコ(レスポールタイプ)(2014年)

レスポール型エレアコです。オール単板使用、オールラッカーです。単板でも一枚板ではありませんが合板や紙板や、合成板などはいっさい使ってません、純然たる木の板を使用してます。したがって音は抜群によく木の音がバンバンします。ただし裏板には節が一個あります(無論裏打ちして養生してあります)し、フレットも細めの物を使いましたし、PUも普通はハナムラオリジナルを使いますが、これは既成品です。こんなわけで、。通常は12万円しますがこれは安く出来ます。興味のある方は弾きに来て””
(2014年)
201457299x400

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

変形(ビワ型)フォークギター(アッシュ単板+シダー単板)(2013年1月)

この写真は変形(ビワ型)のフォークギター。表アッシュ単板、側、アッシュ単板、裏、シダー単板です。合板は一切使ってません、それに完全ラッカー塗りですから、それはもうはまったく、木の音で気持ち良いです。心にばんばん訴える音です。エレアコになってますから、音量抜群で広いホールでもばっちりです。値段は10万円
(2013年1月)
004400x299_2

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

テレキャスタータイプ(アッシュ単板一枚板)(2015年2月)

何十年も寝かせた、アッシュ単板一枚板のテレキャです。木を活かすためラッカーしか塗ってありませんので、アッシュ特有の木目が出てしまいますが、これをシラー材などの木目止めで,うめてしい、その上からポリウレタン系の硬い塗料など塗って,カチカチ、ピカピカ、にしてしまっては、木に申し訳ないし、サスティーンが出なくなってしまいます。良い音、気持ちよい音、自然な音を出すために、いろいろの秘術をほどこしてあります。使えば使う程、限りなく音質が良くなって行くのが、単板一枚のすごいところです。
(2015年2月)
2711927120

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

花三味線(2003年頃)

コストを落として作りました。板も薄めの材を使ってますが、音はバッチリです
花シャミセンです。 ¥7000。¥8000。¥7000。
(2003年頃)
3bonnjpg

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

フォークギター(クラシックギター風)(2012年)

クラシックギターの形のフォークギターです。ボデイもヘッドも駒も内木の入れ方もクラシックギターのように作ってありますがフォークギターとして、使うって感じの変形ギターです。無論全部単板です、しかも一枚板です。完全ラッカー。音はやはりおとなしく、クラシックギターっぽいです。癒し系の楽器です。スケールはレスポールと同じです。25万円。
(2012年)
001299x400_2003299x400

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | 楽器製作 | 過去の作品